医療レーザー脱毛と一般的な脱毛について

医療レーザー脱毛

一言で脱毛といっても、実際にはいくつかの種類が存在します。それぞれの種類によって特徴があるため、それらをしっかりと理解して、自分に合った方法を選ぶことが重要といえます。

光脱毛の方法は、光を照射することによって毛根のメラニン色素を刺激して、徐々に毛を細くさせる効果が期待できるというものです。
光脱毛は主にエステサロンで使用されており、肌への負担が少なく、施術時の痛みも少ないという特徴があります。

毛が細くなり、産毛のような状態にすることが可能ですが、その作用のスピードは緩やかで、施術回数が多くなってしまいます。

また、定期的に自己処理をする必要があるというデメリットがあります。

レーザー脱毛は、レーザー光を照射することで、毛母細胞を破壊することができます。
その結果、毛の再生は妨げられ、毛を生えなくさせるという効果を得ることができます。

福岡のおすすめ医療脱毛

レーザーでの施術を行えるのは医療機関であるクリニックのみと制限されており、1回の施術料金はエステサロンと比較すると高額になる場合が多いですが、その分施術回数は少ない傾向にあります。

また、クリニックでの施術のため、医師の診察を受けることができるという安心感がメリットといえます。

ニードル脱毛は、毛穴に専用の針を入れ、電気を流すことで毛乳頭を破壊させ、毛の生成を妨げることを可能とします。
光脱毛とは異なり、メラニン色素に関係なく毛穴に働きかけることができるので、産毛のような細い毛にも効果が期待できます。
そのため、エステサロンでの永久脱毛の方法として、広く用いられています。

デメリットとしては、強い痛みが伴うことが挙げられるため、痛みへの耐性が心配な場合は、エステサロンでの施術ではなく、麻酔を使用することができるクリニックでの施術が適しています。

このように、脱毛にはいくつかの種類があり、効果や料金、痛みなど、メリットとデメリットが存在します。どの方法を選ぶのか、しっかりと吟味することが大切です。