探偵事務所や興信所で浮気調査を依頼するときの注意点


配偶者の浮気などの疑惑を発見したら、つい逆上しがちですが今後の方針の選択をいかに考えるかにせよ、冷静になって本当に浮気を行っているのかできる限り正確な情報を把握することが、なによりの出発点になります。

しかし多くの人々は平日日中などは仕事先などに赴いているので、行動の全容を素人が探索して証拠を収集するというのは簡単なことではありません。

もちろん民事不介入の原則があるので、失踪などの疑いでもない限り警察も頼るわけにはいきません。

こんなときに頼りになるのが興信所や探偵事務所などの、素行調査の専門家に依頼する方法になるのです。

しかし素行調査、とりわけ浮気調査では確実な証拠をそろえることが、事後の交渉を有利に進めるうえでは必要不可欠になるのは明白です。

そこで信頼できる探偵事務所や興信所の見分け方について、ポイントや留意事項も踏まえつつ御紹介しましょう。

浮気調査はいわゆる素行調査の一種に分類されるわけですが、調査すべき対象が男女関係の有無という点で、依頼者サイドでも事前に用意できれば、より調査がはかどるものがあります。

たとえば行動の自由のきく休日の外出時間や普段利用している交通機関、帰宅の遅い曜日などの基本情報を把握して、調査依頼の際に手渡せるように事前に準備しておきましょう。

これは費用を節約するうえでも重要なたたき台になる情報なので、忘れることのないように注意してください。
しかし探偵事務所にも力量や調査ノウハウの違いから、希望できる情報や証拠を入手できるとは限りません。

信頼で生きるか否かが重要になるわけなので、まず探偵事務所の所在地が明確になっているかを確認します。
信頼できる探偵事務所を探すなら。浮気調査ニュース

現在では探偵業法という法律が制定運用されているので、法律に基づいて本店所在地などの基本情報を公安委員会に届け出る必要があります。にも関わらず事務所の所在があいまいなようでは信頼性は低いものと判断して間違いありません。

つい費用の面に目が向きがちですが、ホームページなどで過大な広告をうっている場合も要注意です。

「必ず、成功します、失敗することはありません。」といった断定的判断を謳っている事務所も警戒すべきです。

浮気調査では調査のために長時間尾行したり、交通機関を乗り継いだりする必要があるので実費もかかります。場合によっては調査が失敗するおそれもある訳です。

そのようなことを踏まえれば、費用の計算方法などが明記されており、ある程度費用を事前予測できるか否かもポイントです。
費用の関係でいえば見積もりが詳細になっているか、早い段階で出してもらうことも検討しましょう。

浮気調査が終了すれば写真などと共に調査報告書を交付してもらうことになる訳です。これは裁判や交渉の際に証拠として利用される可能性のあるシロモノです。

この先のアクションの帰趨を左右しかねない文書の重要性に鑑みれば、依頼を検討するときに、事前に調査報告書のサンプルを見せてもらうことも賢明です。