ゆったりとした贅沢な時間

旅行と言えば観光名所と美味しい食べ物、そしてなんと言っても温泉です。そんな温泉を満喫できる旅行先の中でも、特におすすめなのが大分県の別府温泉です。

大分県自体が「おんせん県」と言われるほどですが、まさに別府は温泉好きにとっては天国のような場所だと言えます。

なぜなら日本一の湧出量で世界でも第2位を誇るからです。泉質の種類も豊富ですし、湯気が立ち上る情緒あふれる街並みが私は大好きです。

旅館も目移りするほどありますが、旅館宿「晴海」は雄大な別府湾を見渡しながら温泉につかることができるため開放感が味わえます。

客室すべてに源泉かけ流しの露天風呂がついているため、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしたい方におすすめです。

また何度訪れても飽きない名所として「別府地獄めぐり」もあります。

噴気や熱湯が地上に勢い良く噴出する8つからなる地獄湯は、名前の物々しさよりも美しさも感じます。
各地獄の蒸気で茹で上がった温泉たまごも絶品です。

無料の足湯も設けられているため、ちょっとした休憩もできます。

ガッツリお腹が減ったときにはぜひ大分の名物「とり天」を味わってみてください。大分県民には馴染みがありすぎる食べ物のひとつですが、とり天の発祥は別府です。

駅から徒歩5分程度に位置する「まるい食堂」は昔ながらの小さな食堂です。
大きなとりの天ぷらと大分の特産品である「かぼす」の酸味が利いたポン酢がよく合います。

一口食べると肉汁が溢れ出して食べごたえも抜群。

かぼすの爽やかな香りのおかげで、揚げ物なのにしつこくなく、いくらでも食べられます。
さすがは本場にある老舗の食堂といったところです。ご飯やお酒も進みます。

温泉は毎回訪れるたびに新しい発見があります。
計画を立ててじっくり満喫するのも良いですし、急に温泉に入りたくなったという突発的なケースでも満足できる貴重な旅行先です。

日帰りでも宿泊でも問題なく受け入れてくれる街並みは、やみつきになること間違い無しだと言えるでしょう。