医療脱毛をするなら!福岡にある専門のクリニック

脱毛はエステでもクリニックでも可能ですが、エステサロンと医療機関では大きな違いがあります。

医療機関で受ける医療脱毛では、ムダ毛の処理に医療レーザーをします。
レーザーと呼ばれる特殊な光をムダ毛に照射すると、ムダ毛の毛根や毛を生やすための組織などを破壊出来ます。

ムダ毛の組織まで破壊するので、医療レーザーを5回か6回受けると、ムダ毛が一生生えてこない状態に出来るというメリットがあります。
エステサロンでの脱毛も、ムダ毛を綺麗に処理できると考えてしまいます。

ただ、エステサロンは医者が行っているわけではなく、無資格者でも行うことができます。
使用するレーザーの種類が異なりますので、結果的に医療脱毛の方が回数が少なく安く仕上がります。

脱毛して肌が荒れてしまった場合は、肌荒れを治す必要がありますが、その対応の仕方が医療脱毛のクリニックとエステサロンで異なります。

基本的にエステサロンははれ上がって皮膚や内出血した皮膚を見て治療することはできません。

医療用脱毛についてデメリットを挙げるとすれば以下のようなものがあります。
1つ目の医療脱毛のデメリットは、強力な医療用レーザーを使うので、施術後に毛母細胞周辺の皮膚に熱傷による腫れが起こしたり、毛穴にかさぶたができる場合があり、施術後のケアが必要です。
また腫れがひいた後でも乾燥肌になりやすいので、施術を受けた後には保湿クリームなどでケアする必要があります。
2つ目は、医療用レーザーはメラニンに反応するため、日焼け肌では施術を受けられない事です。

3つ目は、一度脱毛してしまうと毛母細胞が死滅してしまうために後で後悔しても毛が生えてこないことです。

一言で脱毛といっても、実際にはいくつかの種類が存在します。

光脱毛の方法は、光を照射することによって毛根のメラニン色素を刺激して、徐々に毛を細くさせる効果が期待できるというものです。

光脱毛は主にエステサロンで使用されており、肌への負担が少なく、施術時の痛みも少ないという特徴があります。

毛が細くなり、産毛のような状態にすることが可能ですが、その作用のスピードは緩やかで、施術回数が多くなってしまいます。
また、定期的に自己処理をする必要があるというデメリットがあります。