今回の見どころは2つ

今日はGP最終戦のフリー走行が、行われています。

フリー走行1回目は、メルセデスチームのルイスハミルトンがトップタイムで1位でした。

2位はチーム名とのニコロズベルグでした。やはりメルセデスチームが今年は、圧倒的強かったのかなと思います。
それと今回は、ケータハムチームで活躍したきた、小林可夢偉が最終戦に乗ることができすっごく嬉しかったし、応援してきたかいがありました。

その後のフリー走行2回目が行われたのですが、やっぱりメルセデスチームのルイスハミルトンがトップタイムで終えました。
これで、明日のフリー走行と予選もこのままトップで通過してもらいたいと思います。

ケータハムチームの小林可夢偉いについては、予選を良い位置で通過してもらいたいと思います。

土曜日は、F1アブダビGP最終戦の予選が行われました。

今回の予選では、ケータハムチームで唯一の日本人ドライバー小林可夢偉が参戦しています。

しかし、今回の最終戦が終わった後のチームがまだ決まっていません。これが、もしかすると最後の日本人ドライバーかもしれません。

そのため今回のレースでは、小林可夢偉を一生けんめい応援します。必ず予選は、よくないので完走を目指して戦ってもらいたいです。

それと、チームを去るものが、小林可夢偉を含め多数います。その中には、ジェイソンバトン選手、フェルナンドアロンソ選手、セバスチャンベッテル選手なども含まれています。

しかし、今回の見どころは、メルセデスチームのルイスハミルトンとニコロズベルグの二人のチャンピオンシップ争いも応ず目で、どちらがとるか楽しみです。
今回の予選では、ブラジルGPと同じで、ニコロズベルグがポールポジションでルイスハミルトンが2番手でした。

明日の決勝では、ルイスハミルトンに勝ってもらいたいです。
http://ja.espnf1.com/mercedes/motorsport/driver/1251.html

昨日の夜は、最終戦F1アブダビGPの決勝を見ていました。
今回の見どころは2つあります。

メルセデスチームの二人のドライバーであるルイスハミルトン選手とニコロズベルグ選手のワールドチャンピオン争いです。
それと、ケータハムチームで最後に乗り込む唯一の日本人ドライバー小林可夢偉選手です。チームとしては他のチームと異なりマシーンの性能は良くありませんが、今回の最終戦では完走を目指してもらいたかったのですが残り10周を残したところで、リタイアしてしまい完走できず最終戦を終えてしまいました。

後は、メルセデスチームのルイスハミルトン選手にワルドチャンピオンを獲得してもらいたかったのでひたすら応援をしていました。
しかし、チーム名とのニコロズベルグが、ポールポジションを取ってしまいルイスハミルトンが2番グリットからのスタートでした。

スタートしてすぐにルイスハミルトンが良いスタートを切りそのまま1位の座をゆずることなくゴールしました。

ただ、チーム名とのニコロズベルグは、途中までは、ルイスハミルトンとバトルをしていましたが、20周目ぐらいからマシーンに不調がでてしまいワールドチャンピオンを取ることができませんでした。

これにより、最終戦でワールドチャンピオンにルイスハミルトンが獲得したので嬉かったです。